1. ホーム
  2. フリーズドライとは?

フリーズドライとは?
Freeze Dried

新鮮な生の原材料(食肉) - 水分 = フリーズドライ

フリーズドライとは水分を含んだ食品や食品原料をマイナス30℃程度で急速に凍結し、
さらに真空状態にして乾燥させる用法で、民間では保存食によく活用されます。

フリーズドライ加工の流れ
Freeze Dried

① フリーズドライ加工を行う際には、加工する商品をトレイにのせ-84℃以下まで機械の温度を下げます。
② トレイの温度を82℃程まで上昇させます。この時、機械の温度は-84℃以下に保たれた状態です。
③ 加工している商品に含まれる水分が昇華することで商品がフリーズドライ加工されます。

ネイチャーズバラエティでは生肉を一切加熱せず、フレッシュなままでフリーズドライ加工しており、
それを様々な形でドライフードと組み合わせています。 このフリーズドライ加工により通常の製法では破壊されてしまう天然酵素やビタミンをそのまま吸収できるので、消化を助けアミノ酸等も豊富に摂取することが可能です。

また、犬や猫は本来肉食の動物であったことから、生肉の持つ優れた嗜好性にも注目しています。
ネイチャーズバラエティは、これまで設備投資やエネルギーコストが高いことからペットフード業界では主流とされていなかった新たな形の総合栄養食となっています。

 

PAGE TOP